クレジットカードを持ちすぎていませんか

2~3枚に絞り込むのは効果的な戦略だ

明細をマメにチェックしていますか?(写真:Kenishirotie/iStock)

2020年には郵便窓口でもキャッシュレス決済が可能になる。

そんなニュースが耳に飛び込んできました。世の中も、そして私自身もキャッシュレス化がどんどん進んでいます。

キャッシュレス化になったら気を付けるべきこと

キャッシュが完全になくなるということはないと思いますが、キャッシュを持たない生活を実践してみると、確かに便利な点が多々あります。

お財布を持たなくていいし、お金を引き出す必要もない。クレジットカード(やデビットカード)で支払った分はすべて明細で確認できますから、使途不明金も少なくなる。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

もちろん、カードが使えないお店での支払いに困ったり、お金を使いすぎてしまったりするなど管理が難しいというデメリットはありますが、将来的にキャッシュレス化が進むであろうと想定しておく必要があります。

キャッシュレス化に向けて、重要になるのがクレジットカード戦略です。つまり、世の中に数多あるクレジットカードの中からどれを利用すべきなのか考える必要があるということです。

ズバリ「このカードがベストです!」という正解はありませんが、絶対にはずせないのはセキュリティ面です。

以前、カードの不正利用をされた際にカード会社に連絡をしてもなかなか対応してもらえず大変な思いをした知人がいました。最終的には利用された店舗も巻き込んでなんとか解決したようですが、手間もかかるし、精神的にも疲れますよね。

一般的に、入会審査が厳しく、年会費も高いクレジットカードでは、そうした面の対応も良いと言われています。万一、不正利用をされてしまえば、被害はどこまで広がるかわかりません。それを防ぐための年会費だと考えれば、決して高くないでしょう。

次ページいざという時の対応が良いカードを選ぶこと
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT