新Apple Watchが遂げた驚異的進化の全貌

今回はiPhoneよりこっちのほうが驚きだった

9月12日、アップルのスペシャルイベントで発表されたApple Watch Series 4(筆者撮影)

アップルは米国時間9月12日に本社Apple ParkのSteve Jobs Theaterで開催したスペシャルイベントで、iPhoneの新ラインナップ3機種とともに、Apple Watch Series 4を発表した。予約は9月14日から、発売は9月21日からとなっている。

価格はGPS搭載モデルが4万5800円から、GPS+セルラーモデルが5万6800円からとなっている(いずれも税抜)。またApple Watch Series 3はGPSモデルが3万1800円から、GPS+セルラーモデルが4万2800円からと値下げされた。

今回、予想通りのデザインや機能、そして名前が付けられたiPhoneシリーズに対し、Apple Watch Series 4は驚きを持って受け止められた。その理由について探る。

2018年モデルのキーワードは「健康」

Apple Watchは2014年9月に発表され、2015年4月に発売された。発売以来、スマートウォッチ市場を牽引するだけでなく、売上高はロレックスを含むすべての腕時計の中で世界一となった。ただ、そのマーケティングのメッセージは刻々と変化してきた。

当初はフィットネス機能を重視し、心拍センサーと加速度センサー、そして独自に構築したアルゴリズムの組み合わせにより、より正確なカロリー消費の計測を行ってきた。アルゴリズムの進化は、スイミングの泳法の検出まで行えるほど充実している。

続いて、昨年はセルラー機能を備え、Apple Watch単体で出掛けても電話やメールをiPhoneなしで利用できる「接続性」に力を入れた。公開を控えるwatchOS 5では、簡単なトランシーバーのようなアプリ「Walkie Talkie」も利用できるようになる。

そして2018年モデルで取り入れる新しいキーワードは、健康だ。一見フィットネスと重なるようにも見えるが、その予想をはるかに超える変化がもたらされることになる。

次ページ初のフルモデルチェンジ
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。