新iPhone「ゴールドXS Max」の異次元迫力

フラッグシップモデルの実力とは?

「iPhone XS」(左)と「iPhone XS Max」(写真:ロイター)

9月12日、アップルはiPhoneとApple Watchの新製品を披露した。本稿では、このうちiPhone史上最大の画面サイズを誇るフラッグシップモデル、iPhone XS Max(テンエス・マックス)について解説をしたい。

ゴールド・オプションの意味

今回、9to5mac等で事前のリークがあったとおり、iPhone XS Maxの名称が与えられ、ゴールドが用意された。

正式発表前のリークでこのMax(マックス)という名前を耳にしたとき、筆者は語感が強すぎる点でアップルらしからぬ"接尾語"と感じたのだが、この名称は、画面サイズと体験を最大限に楽しめるマーケティング上のわかりやすさから名付けられたという。

ゴールドカラーはiPhone XS、iPhone XS Maxのみ(筆者撮影)

なお、液晶ディスプレイモデルのiPhone XRにはゴールドが設定されておらず、ゴールドカラーはiPhone XS、iPhone XS Maxのみの特別カラーということになる。

ゴールドカラーは2017年のiPhone 8シリーズに与えられた、ややピンクがかったゴールドや、それ以前の色味と異なり、渋く輝く落ち着いた金色となっている。金色に染められたステンレススチールはApple Watchにも用意されており、コーディネートも可能だ。

もしiPhone 8シリーズのゴールドが自分の趣味には合わないと感じていた人でも、iPhone XSシリーズのゴールドを店頭で確かめてみると良いだろう。

次ページ豪勢なディスプレイとコンパクトなボディ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。