女性酔わせ「ナンパ指導」、容疑の男2人逮捕

泥酔状態にした上で性的暴行をしていた疑い

女性を泥酔させて乱暴したとして、警視庁新宿署は11日、東京都新宿区歌舞伎町、会社役員渡部泰介容疑者(42)と住所不定、無職大滝真輝被告(29)(集団準強姦(ごうかん)罪で公判中)を準強制性交容疑で逮捕したと発表した。渡部容疑者は「リアルナンパアカデミー」と称する塾の塾長で、これまでに大滝被告ら塾生3人が同容疑などで逮捕、起訴されている。

新宿署幹部によると、2人は昨年11月13日午前3時頃、歌舞伎町のホテルで20歳代の女性に多量の酒を飲ませて泥酔状態にした上、性的暴行を加えた疑い。渡部容疑者は「事実ではない」と容疑を否認し、大滝被告は容疑を認めている。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。