日本フットサル界の未来を背負う21歳の決断

清水和也がスペイン移籍で求めた希望

スペインの名門クラブに移籍した清水和也(右)選手(筆者撮影)

8月下旬、筆者のスマートフォンにある短いメッセージが表示された。

「また会う日まで。めちゃくちゃ、頑張ります!」

こんなメッセージを残し、日本フットサル界の未来を背負う若者が、たった一人でスペインに向けて飛び立った。フットサル日本代表の清水和也(21)が次なる戦いの場に選んだのは、世界最高峰のフットサルが展開されているスペインリーグだった。

世界最高峰のフットサルリーグ

スペインといえば、現在Jリーグ・ヴィッセル神戸に所属し、卓越した技術を武器に大活躍しているアンドレス・イニエスタを思い浮かべる人も多いだろう。

そのイニエスタも、幼少期はフットサルでその技術を磨いたといわれるように、スペインはフットサルがとても盛んな国だ。幼い頃から、フットサルをプレーできる環境が整っており、サッカーと両立させる選手も多い。

フットサルクラブは、サッカークラブと同様に下部組織が構成され、下は6歳から年代ごとにリーグ戦を戦いながら、上のカテゴリーへとつながっていく。さらに、各クラブには必ずトップチームがあり、週末に試合が行われると、老若男女の地域住民がホームアリーナに応援に駆けつけるなど、日本に比べて、圧倒的にフットサルに触れる機会が多い。

そして、スペインフットサル界のトップカテゴリーであるプリメーラ・ディビシオン(Primera División)は、過去に世界最優秀選手賞を5度獲得しているリカルジーニョをはじめ、多くの優秀な選手が集う、世界最高峰のフットサルリーグといわれている。

現役時代にプリメーラ・ディビシオンのカハ・セゴビアFSでプレーした経験をもつ元フットサル日本代表で、現在はインドネシア代表監督を務める高橋健介氏は、Fリーグとプリメーラ・ディビシオンの違いを語る。

次ページスペインと日本との違い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。