フランスの超富裕層が放った記憶に残る金言

それは一人歩きして多くの人に影響を与えた

一人歩きする力強いワンフレーズとは?(写真:Tempura/iStock)

何カ月もの入念な準備を重ね、資料を山ほど用意しコンペに臨んだ。しかしあと一歩のところで負けてしまった。その原因はもしかすると、相手担当者が放った「意外な一言」だったかもしれない……。ビジネスパーソン必須の能力について、交渉のプロが解説する。

 「オイリーな土地だ」

カルフール(※注:フランス大手スーパーマーケットチェーン)の日本進出プロジェクトに加わっていたときのことです。同社はフランスの超一流企業。株主にはフランス国内の大資産家が名を連ねています。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

あるとき、カルフールの会長が、本国の役員や大株主の資産家とともに、日本での出店候補地の視察にやってきました。一人の資産家はフランスで4番目の金持ちだと言われていました。

私は担当マネージャーとして、当時もっとも売り上げが高いと予測された、大阪府箕面市の候補地に彼らを案内しました。しかしそこは競合各社にとっても最高評価の立地で、コンペを勝ち抜くのはかなり難しい状況でした。

現地に到着すると、役員、資産家たちは、しきりにいい立地だと話し合っていました。そのとき、あのフランス4番目の大資産家がフッと、

「オイリー(Oily)な土地だ」

と漏らしたのです。

その後、役員たちは口々に「オイリー!」と連発し出しました。その場にいた日本人は全員、何のことだかサッパリわかりません。いったい「オイリー」とは何なんだと通訳に聞いたところ、「ここは掘れば石油が湧いて出るぐらい、儲かりそうな土地だ」と言って騒いでいたらしいのです。「物件を勝ち獲るのは厳しい状況なのに暢気なことだ」とそのときは思いました。

次ページ「オイリー」にはもっと深い意味があった
関連記事
トピックボードAD
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • インフレが日本を救う
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
銀行 破壊と再生

リテール部門が苦境に陥るメガバンク。偽りの優等生・スルガ銀行では不正が蔓延。金融庁新長官曰く「ビジネスモデルを変えていく自主性が感じられない」。変革へのラストチャンス。