「家事代行」は働くママの救世主になるのか

プロに頼むとどんなメリットがある?

家事代行に家事を頼むと、どんなメリットがある?(写真:マイカジ編集部)
掃除や料理など家事全般を引き受けてくれる家事代行。プロに頼むとどんなメリットがあるのか、働くママが体験しました。

今、話題の「家事代行」。頼みたくても「誰かに頼むのは気が引ける」「手抜きをしているみたい」と躊躇している人もいるのでは?

最低限の家事をするだけでいっぱいいっぱいの毎日(写真:マイカジ編集部)

でも、家事代行に家事をお願いすることで、子どもと向き合ったり、やりたいことにもっと時間が使えるようになったら嬉しいですよね。

そこで今回は、初めて家事代行を利用するAさんに密着しました。

最低限の家事をするだけでいっぱいいっぱいの毎日

Aさんは夫と1歳のお子さんと3人暮らしで、1カ月前に職場復帰をしたばかり。仕事や家事に加えて、まだ慣れない保育園の送り迎えにお子さんの急な発熱などのトラブル……と毎日があっという間に過ぎてしまうそうです。

当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です。元記事はこちら

「夫は仕事で帰りが遅かったり、長期出張に行ったりすることも多いので、家事はほとんど私がしています。帰宅後は持ち帰った仕事をすることもあり、平日は子どもと遊んであげられる時間が1時間もないのが悩みです」

「子どもが頻繁に触りそうな最低限の場所だけは、気にかけて掃除しているつもりです。でも、掃除していないところを子どもが触ってしまうことも多く、その時はつい『そこ触らないで!』と口調が強くなってしまったり、見て見ぬふりをして掃除していなかった自分にイライラすることもあります」

次ページ家事代行に興味を持ちながらも頼めなかった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT