統一教会「合同結婚式」で結ばれる男女の思い

文鮮明の死によって伴侶の選び方は激変

REUTERS/Kim Hong-Ji

[韓国・加平 (ロイター)] - 両親が結婚した25年後、イアスミン・ルミバオは、両親と同様、数千人が参加する結婚式に参加するため、マカオから韓国に足を運んだ。この結婚式は、韓国に拠点を置く統一教会を象徴するまでに至った集団結婚式である。

8月27日、約1000ものカップルがソウル北東の加平で結婚式を挙げ、他にも3000のカップルがここで誓いを新たにした。カップルは合わせて64の国からやってきた。

23歳のルミバオは、この活動の第2世代のメンバーだが、両親が1992年の集団結婚式で結婚したときとは時代が変わったと言う。

かつてとは違う結婚相手の見つけ方

教会の創始者であり、自らを救世主と称した文鮮明は、1960年台はじめから死没する2012年までの間、仲人として、面識が無かったり言葉すら違うカップルを結婚させていた。

ルミバオとニューヨーク出身の22歳の夫、デンシュー・レアリーの両親は、平和と調和の理想的な世界を作るためにキリストに選ばれたと言い張る文鮮明に結婚させられたとき、例に依って赤の他人同士であった。

次ページ自分で決断できるようになった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。