ホンダ「新型CR-V」のデザインは何が売りか

シンプルながらも割と考え抜かれた造形だ

復活した「CR-V」のスタイリングはオーソドックスに映るが…(撮影:大澤 誠)

ホンダのSUV「CR-V」が2年ぶりに日本市場に帰ってきた。CR-Vは1995年にデビュー。その後4代目まで日本で販売していたが、モデルチェンジのたびにグローバル市場を見据えてボディもエンジンも大型化したことを受け、一度国内販売を見合わせた。しかしアメリカや中国では現行の5代目が先行発売されており、これが導入されることになった。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

新型CR-Vのスタイリングは、ヴェゼルに比べるとオーソドックスに映る。顔つきは最新のホンダ車に共通の造形だが、サイドウインドーの形状は旧型との近さを感じるし、ほかの車種を思い浮かべる人がいるかもしれない。

その代わり、最近の一部のホンダ車のように、必要以上に線を多用することで煩雑な印象を与えることはない。中国を主要マーケットとした背の低いミニバン「ジェイド」も似たような特徴を持つ。グローバルモデルという位置づけがそうさせたのかもしれない。

プレスラインに頼っていない造形

しかも実車を前にすると、プレスラインに頼らず、面の張り出しで前後フェンダーの力強さを表現しており、けっこう考え抜かれた造形であることが伝わってくる。ボディサイズ(新型は全長4605mm×全幅1855mm×全高1680mm~1690mm)は旧型(全長4535mm×全幅1820mm×全高1685mm)よりやや拡大しているが、旧型のサイドパネルは平板だったことを思い出すと、外寸拡大は納得できるものだ。

リアスタイルについては、意見が分かれそうだ。初代CR-Vからの伝統である縦長のコンビランプを継承しながら、下端をリアウインドーに沿って内側に回したL字型にしている。

ただし現在のSUVのトレンドとして、リアコンビランプについては従来多かった縦長から、ワイド感を出すように横長にシフトしつつあり、かつ上方に置くことで力強さを表現するというトレンドがある。トヨタ自動車「RAV4」やスバル「フォレスター」もそうだ。

CR-Vと同じように縦長のリアコンビランプを使い続けてきたボルボも、日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した「XC60」では、やはりL字型になっている。

次ページインテリアも人目を引くようなデザインではないが…
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。