口座をメガバンクに絞らないほうが良いワケ

ネット専業銀行も併せて持つメリット

口座を整理できればお金の状況も見える化できます(写真:st-palette/iStock)

「今、当行はキャッシュカードを即日発行できるんですよ」

先日、メガバンクの方とお話していた時に耳にしたこの言葉。

これには、かなり驚きました。

メガバンクの強み

キャッシュカードといえば、手続き後しばらくしてから書留などで自宅に送られてくるもの。

そんな思い込みがあったのは、私だけでしょうか。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

それが、窓口に行けば、新規口座開設時も、再発行の際も、当日キャッシュカードを受け取ることのできる銀行があるというのです。

思い込みといえば、メガバンクの窓口が混んでいる、というのもその1つでしたが、今はATMやネットバンキングの発達により意外と空いていることも多いのだそうです。

口座開設時などに手書きで記入する書類も減っているそうで、スマホへの入力によって手続きの大半が終了するなどペーパーレス化が急速に進んでいるとのことでした。

メガバンクは一般的に各種手数料が高めで、その点ではネット専業銀行に軍配があがると思います。また、私自身も昨年やっとネット専業銀行デビューを果たしましたが、利用方法もわかりやすくとても便利です。意外なことに、問い合わせの電話もあまり待たずにつながりますし、外貨預金と紐づけて使えるビザデビットも海外で大活躍!

次ページ1つ難点が…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 起業家的音楽家
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。