住宅街に突如現れたシカ、捕獲までの顛末

22日未明、東京・国立市にシカが現れた

22日未明、東京・国立市にシカが現れた。シカは隣の立川市に逃げ込み、発見からおよそ12時間がたった、正午過ぎに捕獲された。

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

警視庁によると、22日午前0時過ぎ、国立市で「シカがいる」と110番通報があった。

警察官が捕獲を試みたが、シカは逃げ続けて、午前7時すぎに、隣の立川市中心部にある建物の敷地に逃げ込んだという。警察官や多摩動物公園の職員が建物を取り囲み、正午過ぎにシカを捕獲した。

東京都によると、捕獲したシカは多摩地区の山に運ばれ、野生に返されるという。

日テレニュース24の関連記事
高校生の少年を北海道に派遣し特殊詐欺か
遺体は住人女性「殺人と断定」捜査本部設置
ユダヤ人強制収容所元看守が国外退去に 米
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。