西日本初、「空の警察」女性パイロットの素顔

山岳遭難では現場に7分で到着

福井県警航空隊初の女性操縦士となった黒川裕美巡査部長と県警ヘリ「くずりゅう」=福井県坂井市の福井空港(写真:福井新聞)

福井県警ヘリ「くずりゅう」で上空から治安を守る県警航空隊に、西日本で初の女性パイロットが誕生した。同ヘリは捜索や救助、犯人追跡などの際、平均時速200キロの機動力と広い視野で大きな力を発揮する。「地上で活動する警察官と連携し、県民の安心、安全を守っていきたい」と士気高く、任務に当たっている。

「女性でも空を飛べるのかな」

女性パイロットは、今春県警に採用された黒川裕美巡査部長(34)=同県坂井市。「女性でも空を飛べるのかな」と広島県内の大学を20歳で中退し、航空自衛隊のパイロット養成コースに入隊した。訓練後は主に九州で勤務し、大型輸送ヘリを操縦して離島に物資を運ぶ任務などに従事した。

「福井で生活したい」と30歳の時にUターン。福井市内の病院で言語聴覚士として勤務していたが、「操縦士の技能をまた生かしたい」と思っていた昨夏、5年ぶりとなる県警の操縦士募集を知った。事件・事故現場の情報収集、道路のパトロール、海山での救助、災害支援など警察業務を通じて「地元に貢献したい」と受験した。県警地域課によると警視庁2人、栃木県警1人、千葉県警1人に次ぎ、全国5人目の警察航空隊女性パイロットとなった。

次ページ入隊以降は
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 起業家的音楽家
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。