BBQシーズンの夏、お洒落に見せる着こなし術

屋外イベントでどんな服を着ていけばいい?

BBQのときはどんな服を選べばいいのでしょうか(写真:マイカジ編集部)
BBQなど屋外でのイベントが増える夏。せっかくならおしゃれをして出かけたいもの。アクティブなシーンでマネしたい、着こなし術を紹介します。
当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です。元記事はこちら

屋外イベントは、どんな服を着ていけばよいかと迷う方も多いのでは? 

動きやすさや汚れにくさを優先して服装を選んだ結果、なんだか野暮ったく見えてしまうこともありますよね。そこで今回は、ちょっとした工夫でトレンド感があるように見える着こなし術を、スタイリストの井戸川弓子さんに教えていただきました。

地味に見えないコツは、「レイヤード」と「アクセサリー」

2児のママであり、夏には家族ぐるみのBBQの機会も多いという井戸川さん。センスよく見せるには、どんな服を選べばいいのか聞いてみました。

「タンクトップ×キャミワンピース×ジーンズのように、レイヤード(重ね着)を意識するとおしゃれ感が出ます。BBQのときは楽しい気分でいたいから、いつも私はメインアイテムにはきれいめカラーをセレクト。暗い色や、汚れが気になる白や薄い色は避けています」

服の素材選びもポイント。揺れてきれいに見える軽い素材を選ぶことで、女性らしいシルエットになるそうです。

(写真:マイカジ編集部)

「時計やブレスレットなど腕まわりのアクセサリーは動きづらくなるので付けません。その代わり、髪をアップにして大ぶりなピアスを付けて、遊び心をプラスしています」

次ページグッと今年っぽさがでるトレンド小物を取り入れて
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT