子供のやる気UP「お手伝いカレンダー」の効果

お手伝いをするたびにポイントを加算する

お手伝いをするたびに、ポイントを加算(写真:マイカジ編集部)

「お手伝いはプラスポイントのほか、忘れ物や遅刻などマイナスになるポイントも設定しています(笑)。そのおかげで、毎日『あれ手伝って』『これ片付けたの?』と口うるさく言う回数が減りました。実は、お手伝いカレンダーは“ママが怒らないためのシステム”ともいえるんです。」

カレンダーで、お手伝いの状況がひと目でわかる

カレンダーに記録することで、子どもたちが自分で生活管理する力が身につくと、宇高さんは話します。

「ひと目で全体がわかる、マンスリーカレンダーを使うのがポイント。今月どのくらいお手伝いできたかを把握できますし、兄妹で比べあって『私ももっと頑張ろう』とやる気アップにつながることも。今日が夏休みの1ヶ月のどの辺りなのかを理解したり、習い事や塾の予定を書き込んでおいたら、曜日感覚も身につきました」

また、お手伝いカレンダーをはじめたことでこんなメリットも。

「以前はお手伝い1回ごとにお小遣いをあげていたのですが、“お金が貯まっている感”が得られないと思ってカレンダー方式に変更したんです。その結果、子どもたちは自分でお小遣い帳をつけるようになったので、金銭感覚や計算の勉強にも繋がっているようです」

金銭感覚や計算の勉強にもつながっている(写真:マイカジ編集部)
次ページ子どもたちのやる気をキープするための工夫とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。