子供のやる気UP「お手伝いカレンダー」の効果

お手伝いをするたびにポイントを加算する

子どもが楽しみながらお手伝いできる“お手伝いカレンダー”とは?(写真:マイカジ編集部)
スタンプやシールで、子どものやる気アップにつなげる“お手伝いカレンダー”。夏休みに、はじめてみませんか?

家で過ごす時間の多い夏休み。せっかくなら家のことを子どもにも手伝ってもらいたいもの。とはいえ、強要はさせたくない……。そこで、普段から子どもが楽しみながらお手伝いできるよう“お手伝いカレンダー”をつくって工夫しているという、ライフオーガナイザーの宇高有香さんにお話を聞きました。

宇高さんがお手伝いカレンダーをはじめてみたきっかけとは?(写真:マイカジ編集部)

「お手伝いカレンダーをはじめたのは、上の子が小学校に入ってお小遣い制になった頃。少しでも子どもにお手伝いしてもらえたら私は助かるし、手伝うことで報酬を得ることを体験できるのはいいことかなと思い、はじめてみたんです」

お手伝いをするたびにポイントを加算

宇高家のお手伝いカレンダーに書かれているのは、ゴミ捨てやトイレ掃除、洗濯物の取り込み、料理などの項目。これらのお手伝いをするたびに、ポイントを加算するそうです。

当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です。元記事はこちら

「お手伝いによって異なるポイント数が設定されていて、1ポイントごとにカレンダーにスタンプやシールで記録していきます。1ポイント=10円で、1ヶ月の合計ポイントでお小遣いが決まるという仕組みです。スタンプを押したりシールを貼ったりする楽しみも、進んでお手伝するきっかけになっていますね」

次ページママが怒らないためのシステム!?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT