子供のやる気UP「お手伝いカレンダー」の効果

お手伝いをするたびにポイントを加算する

子どもが楽しみながらお手伝いできる“お手伝いカレンダー”とは?(写真:マイカジ編集部)
スタンプやシールで、子どものやる気アップにつなげる“お手伝いカレンダー”。夏休みに、はじめてみませんか?

家で過ごす時間の多い夏休み。せっかくなら家のことを子どもにも手伝ってもらいたいもの。とはいえ、強要はさせたくない……。そこで、普段から子どもが楽しみながらお手伝いできるよう“お手伝いカレンダー”をつくって工夫しているという、ライフオーガナイザーの宇高有香さんにお話を聞きました。

宇高さんがお手伝いカレンダーをはじめてみたきっかけとは?(写真:マイカジ編集部)

「お手伝いカレンダーをはじめたのは、上の子が小学校に入ってお小遣い制になった頃。少しでも子どもにお手伝いしてもらえたら私は助かるし、手伝うことで報酬を得ることを体験できるのはいいことかなと思い、はじめてみたんです」

お手伝いをするたびにポイントを加算

宇高家のお手伝いカレンダーに書かれているのは、ゴミ捨てやトイレ掃除、洗濯物の取り込み、料理などの項目。これらのお手伝いをするたびに、ポイントを加算するそうです。

当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です。元記事はこちら

「お手伝いによって異なるポイント数が設定されていて、1ポイントごとにカレンダーにスタンプやシールで記録していきます。1ポイント=10円で、1ヶ月の合計ポイントでお小遣いが決まるという仕組みです。スタンプを押したりシールを貼ったりする楽しみも、進んでお手伝するきっかけになっていますね」

次ページママが怒らないためのシステム!?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。