大阪市長「学力テスト発言」が危険である根拠

日本は過去何度も同じ失敗を繰り返してきた

なぜ同じ失敗を繰り返すのか(写真:KazuA/PIXTA)

大阪市長の発言が波紋を呼んでいます。吉村洋文市長が、来年度から「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)の結果を校長や教員の人事評価とボーナスの額に反映させると発言したのです。

絶対にやってはいけない禁じ手

小学6年生と中学3年生を対象とするこのテストで今回、大阪市が政令指定市20市の中で平均正答率が2年連続で最下位だったのを受けての発言です。市政を預かる身として「なんとかしなければ」という思いからなのでしょうが、長年教育に携わってきた経験で言わせていただければ、これは絶対やってはいけない禁じ手です。なぜなら、学力をつけるうえで役に立たないだけでなく、あまりにも弊害が多いからです。

この連載の記事一覧はこちら

過去にも同じようなことが何度も行われ、失敗に終わっています。たとえば、1961年から行われた全国一斉学力テストでは、テストの結果が全国の公立小中学校の教員の勤務評定に結び付けられるようになりました。つまり、子どもたちに高い点を取らせる教員は、人事その他の待遇において優遇されたのです。その結果、次のようなことが実際に行われるようになりました。

・学力テストの傾向と対策が分析され、徹底的にテストの練習が行われた。その結果、本来の授業は猛スピードで進み、ついてこられない子が続出した
・テスト練習の時間に充てるため、図工、体育、音楽、技術・家庭などの授業が削られた
・休み時間や放課後にもテスト勉強が強いられた
・テスト練習のためのプリントが宿題として大量に出された
次ページさらに加熱した結果…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。