女性が「ワガママが言える人」になるべき理由

「全部自分でやるべき」と思い込む根深い病

(イラスト:『目指せ! 夫婦ツーオペ育児 ふたりで親になるわけで』より)

「30歳までにぜったい結婚したい! しないと!」と、念願の結婚を手にしたものの、わずか数年で離婚する結果となった水谷さるころさん。

『目指せ! 夫婦ツーオペ育児 ふたりで親になるわけで』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

1人で家事を抱え込みすぎた、などなど猛省をした後、その後の新しいパートナーと選んだのは「事実婚」という道でした。

順調に新生活がスタート。不妊治療を経て、念願の妊娠も果たしたさるころさん。事実婚の夫は過去の結婚で子育て経験アリだし、と大船に乗ったつもりが、いざ臨月を前に確認してみると、夫は産後の育児を自分がやるとは考えていなかった…?

はたして夫婦の出産・育児はどうなるのか? 新生活を赤裸々にレポートする近著『目指せ! 夫婦ツーオペ育児 ふたりで親になるわけで』より抜粋してご紹介します。

相手に頼るのは信頼?ワガママ?

次ページ「経験あるから任せろ」って言ってなかった?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。