防災ヘリ墜落、2人死亡・6人容体不明・1人捜索

輸安全委員会が事故調査官3人を現地に派遣

墜落現場へ捜索に向かう消防隊員ら(10日午後6時15分、長野県山ノ内町で)=冨田大介撮影

10日午前、群馬・長野県境付近を飛行していた群馬県の防災ヘリ「はるな」(ベル412EP型)が消息を絶ち、捜索中の航空自衛隊機が同日午後2時45分頃、群馬県中之条町の横手山(2305メートル)東麓で墜落した機体の一部を発見した。9人が搭乗し、機体近くで8人が見つかり、うち2人はヘリで救助されたが、死亡が確認された。残る6人の容体は不明。夜になり救助が困難になったため、群馬県警などは11日朝から、行方不明の1人の捜索も含めて活動を再開する。

県によると、ヘリに搭乗していたのは、県防災航空隊員4人と吾妻(あがつま)広域消防本部(群馬県東吾妻町)の職員5人。同隊員のうち機長と整備士の2人は、県が運航を委託している「東邦航空」(本社・東京)の社員。

ヘリは10日午前9時15分頃、4人が乗って前橋市内のヘリポートを離陸。吾妻広域消防の職員5人を乗せるため、長野原町に同9時28分に着いたと無線連絡があった。その後、群馬・長野県境にある鳥居峠から三坂峠付近に向かい、折り返して同10時45分に前橋市内のヘリポートに戻る予定だった。

ただ、到着予定時刻に戻らず、連絡も取れないため、群馬県防災航空隊が、ヘリの位置情報を把握する「動態管理システム」の通信を調べると、10時1分で途切れ、その直前に予定ルートを急旋回していた。

墜落現場から南に約2キロの渋峠付近では午前10時前、地上に近い高度で爆音を上げて飛ぶヘリが目撃されていた。当時、この周辺は濃い霧だったという。

群馬県によると、「はるな」は県が1997年5月に導入し、山岳事故などに出動。今年4月上旬に出動した際、異常音が確認されたとして修理した。6月19日から運航を再開し、30回以上飛行していた。この日は群馬と新潟、長野との県境の尾根で11日に全線開通予定の登山道「ぐんま県境稜線(りょうせん)トレイル」の上空視察が目的だった。

国土交通省は10日、航空事故と認定。運輸安全委員会は同日、事故調査官3人を現地に派遣した。11日から調査を始める。

関連記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。