エアコン各社、「猛暑特需」の勝ち組はどこか

空調メーカーの決算に見る猛暑の押上げ効果

猛暑でエアコン販売絶好調 、ビックカメラ池袋本店のエアコン売り場(写真:共同通信)

暑い――。7月の東京の平均気温は28.3度(前年同月比プラス1.0度)、最高気温は39.0度(同プラス4.0度)。気象庁によれば、東日本は統計開始以来もっとも暑い7月だった。

8月に入ってからは台風13号の影響で数日間は涼しくなったものの、暑さが戻ってきた。もっとも、数日でも涼しくなったのは主に東日本で、西日本の多くの地域は連日の猛暑日が続いている。

例年なら、ピークを過ぎる8月中旬でもエアコン商戦は依然として活況だ。大手家電量販店のビックカメラでは「7月後半のエアコン販売は金額ベースで前年の1.5倍と高水準。8月に入っても前年の20~30%増で推移している」(山﨑哲哉・広報IR部次長)という。

エアコン各社の業績は濃淡

エアコンメーカーはどこも儲かっているはず……かと思えば、実はそうでもない。

売上高の9割を空調で稼ぐ、富士通ゼネラルの2018年4~6月期(第1四半期)の営業利益は23億円と前年同期比6割減に沈んだ。会社側は「第1四半期の国内空調(の売上高)は5%減。新モデルへの切り替えを早めた結果、前年モデルが多かった他社に売り負けた」と説明する。

もちろん、猛暑によるエアコン販売の加速は第1四半期でなく、7〜9月期(第2四半期)に属する。7月以降は「20%増で来ている」(同)とするが、2019年3月期の営業利益は170億円と15.9%減益の見通しだ。

次ページなぜ低調なのか
関連記事
トピックボードAD
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。