9人搭乗防災ヘリ、草津白根山付近で消息絶つ

県警などが捜索

群馬県防災ヘリ「はるな」(同県のホームページから)

10日午前10時頃、群馬県の草津白根山付近を飛行していた9人搭乗の県防災ヘリ「はるな」(ベル式412EP型)が消息を絶った。県警などが捜索している。

県や県警によると、ヘリには、県防災航空隊員2人、吾妻広域消防本部(群馬県東吾妻町)の職員5人、県の委託で運航を担っている「東邦航空」(本社・東京)の機長、整備士各1人の計9人が搭乗。午前9時15分に前橋市内のヘリポートを離陸し、同10時45分に戻る予定だったが、同10時過ぎに通信ができなくなり、行方が分からなくなった。

ヘリは、群馬、新潟、長野の県境で11日に開通する予定の登山道「稜線トレイル」の視察に向かっていたという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
チャイナ・スタンダード<br>新・ハイテク覇権国 中国

5G、IoTなど次世代技術の主導権をめぐって激突する米中。その間にも中国テック企業のイノベーションは着々と進む。ファーウェイ、アリババ、鴻海……。世界のハイテク覇権を狙う中国企業たちの実力を総点検する。