台風13号に伴う暴風雨、通勤時間帯も警戒を

気象庁「不要な外出は避けてほしい」

強い台風13号は8日、暴風域を伴い関東に接近した。9日は勢力を維持したまま関東から東北の太平洋沿岸を北上する見通しで、進路が西にずれると上陸する可能性もある。

気象庁によると、台風は8日午後11時現在、千葉県勝浦市の東南東約100キロを時速10キロで北に進んでいる。首都圏や東北南部は9日未明から強い雨や風に見舞われるとみられ、通勤時間帯も警戒が必要だ。

同庁は「暴風で歩行が困難な状況も考えられる。不要な外出は避けてほしい」と呼びかけている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。