台風13号に伴う暴風雨、通勤時間帯も警戒を

気象庁「不要な外出は避けてほしい」

強い台風13号は8日、暴風域を伴い関東に接近した。9日は勢力を維持したまま関東から東北の太平洋沿岸を北上する見通しで、進路が西にずれると上陸する可能性もある。

気象庁によると、台風は8日午後11時現在、千葉県勝浦市の東南東約100キロを時速10キロで北に進んでいる。首都圏や東北南部は9日未明から強い雨や風に見舞われるとみられ、通勤時間帯も警戒が必要だ。

同庁は「暴風で歩行が困難な状況も考えられる。不要な外出は避けてほしい」と呼びかけている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
米国で「電動スケーター」が沸騰

「電動キックスケーター」のシェアサービスが、渋滞解消への期待を集めている。 乗り捨て自由、GPS搭載だからアプリで場所がわかる。ウーバーがベンチャーに出資、投資熱も高い。