中学受験で頼りにならない父親に欠けた視点

「成功体験の押しつけ」は絶対にダメ

「中学受験」で頼りにならない父親、頼りになる父親の違いとは?(写真:photoman/PIXTA)
中学受験を合格するには親のサポートが欠かせません。そのため、子どもと一緒にいる時間がなかなか取ることができない「共働き家庭」は中学受験に不向きという考えもあります。

「たしかに中学受験は、親の負担がとても大きいです。ですが、戦い方を間違えなければ、共働き家庭でも十分、合格を手にすることができます。大切なのは、お父さんとお母さんできちんと役割分担をして子どもに接することです」と語るのは、カリスマ家庭教師の西村則康さん。
共働きだからできる 中学受験必勝法!』著者でもある西村さんが、共働き家庭のお父さんが「中学受験において子どもにしてあげるべきこと」「絶対にしてはいけないこと」について解説します。

希望する中学校に確実に合格するコツは、戦い方を知っているか否かです。共働きで中学受験に挑む場合、合格するために親がしてあげられることは、子どもに適した環境を整えることです。

その中でもっとも大切なのが、お父さんお母さんが意見を一致させたうえでお互いの役割分担を理解し、果たすことです。お父さんお母さんが役割分担を明確にして接することで、子どもも「お父さんとお母さん、どっちの言うことを聞けばいいのだろう」などと迷わずにすみ、受験勉強に集中できます。子どもが中学受験の際、お父さんがすべきことは、大きく次の4つです。それぞれご紹介しましょう。

普段は「お母さんのサポート役」に徹する

お父さんの役割1 普段は子どもにかかわらず、お母さんをねぎらうことに徹する

直接子どもとやりとりするのは原則、お母さんにしてください。一緒にいる時間が短いとしても子どもに寄り添いやすいのはお母さんだからです。

お父さんは、直接かかわることはせず、お母さんのねぎらい役に徹しましょう。「毎日大変だね。感謝しているよ」という具合に、日々ねぎらいの言葉をかけ、お母さんが万全な状態でお子さんと向き合えるように支えてあげてください。

お父さんの役割2 子どもを論理的に簡潔にしっかり叱る

子どもに何か問題が起きたときはしっかり対応してください。たとえば、子どもがスランプになって、点数をごまかしたり、カンニングをしたりといった許されないことをやってしまった、「うるせ~、クソババア!」などのようなひどい言葉をお母さんに投げつけたなどのような非常時は、お父さんの出番です。

次ページ「父親の言葉の重み」は母親以上
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
株主総会で賛成率が急落<br>機関投資家が物言う株主に

低支持率の役員167名を実名公開!低出席率、低ROEなどを理由に、機関投資家は役員選任議案に反対票を投じ始めた。「物言わぬ株主」といわれた機関投資家が変貌した理由は?