台風、8日夜から9日朝は首都圏も暴風雨予想

気象庁「いつでも避難できる準備を」

台風13号の接近で打ち寄せる高波(8日午前9時42分、千葉県銚子市の銚子漁港で)=川崎公太撮影

強い台風13号は8日、暴風域を伴って伊豆諸島周辺を北西に進んだ。8日夜から9日朝にかけ、勢力を維持したまま関東から東北の太平洋側にかなり接近する見通しで、予想進路の西側を通った場合は上陸の可能性もある。気象庁は「首都圏でも暴風雨が予想される。いつでも避難できる準備をしてほしい」としている。

気象庁によると、台風は8日午前9時現在、伊豆諸島・八丈島の東約200キロを時速15キロで北北西に進んでいる。中心気圧は970ヘクト・パスカル、中心付近の最大風速は35メートル。中心から半径100キロは風速25メートル以上の暴風域になっている。

台風の接近に伴い、関東甲信や東北などの広い範囲で、8日昼から9日昼にかけて1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る見通しで、局地的に同80ミリ以上の猛烈な雨になる恐れもある。9日午前6時までに予想される24時間雨量は、最大で関東300ミリ、東北200ミリ、甲信180ミリ。また、関東や東北では陸上でも最大瞬間風速35メートルの暴風が吹くとみられる。

地下街にも水、側溝あふれる「内水氾濫」危険

台風13号の接近に伴い、関東では8日、風雨が強まり、空の便は羽田、成田空港発着を中心に影響が出始めている。午後1時現在、全日空は国内線36便、国際線6便、日本航空は国内線4便の欠航を決めた。

関東や東北では、暴風雨が8日夕の帰宅時間帯や9日朝の出勤時間帯と重なる可能性があり、気象庁は「インターネットなどで天気の見通しや鉄道、飛行機の運行情報を入手して、早めに動き始めてほしい」としている。

同庁によると、台風13号は速度が遅いため総雨量が増え、水害の危険性が高まる。地面がアスファルトに覆われた首都圏は、側溝やマンホールが雨水であふれる「内水氾濫」が起きやすく、地下街にも水が入り込みやすくなる。また、線路の高架橋や高速道路の下を通る道路も浸水する可能性があり、同庁は、これらを通行する際には細心の注意を払うよう呼びかけている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
米国で「電動スケーター」が沸騰

「電動キックスケーター」のシェアサービスが、渋滞解消への期待を集めている。 乗り捨て自由、GPS搭載だからアプリで場所がわかる。ウーバーがベンチャーに出資、投資熱も高い。