安倍首相「サマータイム」導入の議論を指示

東京オリパラ期間中、夏の標準時間の短縮案

安倍首相は、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森会長らと会談し、大会期間中の「サマータイム」導入について、自民党内で議論するよう指示した。

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

会談の中で森会長は、東京オリンピック・パラリンピックの期間中の、暑さ対策の一環として、夏の標準時間を1時間から2時間ほど早める、「サマータイム」の導入を検討するよう要請した。

これに対し安倍首相は、「国民の関心も高い」と応じたうえで、「内閣としても考えるが、党で先行して、まずは議論してほしい」と述べたという。

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会 森会長「(安倍首相は)国民生活全体に影響する、大事なことでもあるので、慎重に見極めて、特にいろんな業界も、いろんな意見があるだろうから、党の部会などを通じて、意見聴取をよくしておくようにと」

一方、菅官房長官は、「国民の日常生活に影響が生じるものであるし、大会までの期間はあと2年と限られている」と述べ、サマータイムの導入に慎重な姿勢を示している。

日テレニュース24の関連記事
“沈没船に金塊”投資詐欺で家宅捜索 韓国
“わいせつ行為”で都立高校副校長を逮捕
西日本豪雨 倉敷市真備町の避難指示解除
関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。