ダニという「害虫」の人の目には見えない生態

夏の閉め切った、高温多湿の環境を好む

ダニは高温多湿の環境を好みます(写真:topic_ua/PIXTA)
ゴキブリ100万匹、蚊とハエで10万匹、ダニ1億匹などなど……!
約100種類の害虫の“飼育員”による、害虫たちのことがよくわかって、好きになる!? この夏必読の『きらいになれない害虫図鑑』から、いくつかの害虫をピックアップしてご紹介します。

ダニは必ず発生する

種類にもよりますが、ダニの体長は0.2〜0.5ミリ。ものすごく小さいので、老眼じゃなくても肉眼で見つけることはなかなか大変です。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

黒いものの上を1匹だけ歩いていたら、ジーッと見ていたらわかります。でも白や薄い色だったらわかりません。

飼育室では、他の害虫のエサなどからときどき発生することがあるので、飼育容器に粉のような白い点があると、すぐに「ダニ!?」と思ってジーッと見ます。
動かなかったら「あ、よかった」となりますが、動くと「来た!」と身構えます。

ダニが好むのは夏の閉め切った家屋のような、高温多湿の環境です。室温25度、湿度40〜50%の飼育室は、ダニの繁殖には湿度が低すぎるのですが、害虫の飼育容器の中はもっと湿度が高くなることも多く、繁殖しやすくなっています。

そのまま飼育しておいても支障のない場合は「ダニがいるのは仕方がない」と割り切ることもできますが、悪くすると、一からやり直し。ものすごい徒労感です。

他の害虫の容器に混入して発生するのを少しでも抑えるため、ダニだけは別の飼育棟で飼っているくらい気を遣っているのに、あざ笑うかのように発生するので腹立たしいですね。

もちろん研究用、試験用に必要なダニは、種類別に繁殖させています。高温多湿を好む彼らのため、ダニの飼育容器は、恒温器という温度を一定に保つ装置(何十万円もします!)に入れ、温度は25度でキープ、湿度が70%以上になるように環境を調えてやっているんです。

次ページダニの飼い方には、昔からのレシピがある
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
米国で「電動スケーター」が沸騰

「電動キックスケーター」のシェアサービスが、渋滞解消への期待を集めている。 乗り捨て自由、GPS搭載だからアプリで場所がわかる。ウーバーがベンチャーに出資、投資熱も高い。