「億り人」を目指す人がハマる3つの落とし穴

なぜ「必ず儲かりそう」と考えてしまうのか

「人生の一発逆転」を狙って「億り人」になろうとして「落とし穴」に はまる人が増えている(写真:Graphs/PIXTA)

私たちの事務所には、さまざまなお金の相談が舞い込んできますが、筆者のところには投資に関する相談が多くきます。最近は、一発逆転で「億り人」を目指す人が、逆にさまざまな投資で失敗して相談にくるというケースが少なくありません。そこで今回は「億り人」を目指す人がハマりがちな「3つの落とし穴」についてお話しします。

レバレッジ200倍!「海外FX」で大失敗

最初の「落とし穴」は「海外FX」です。

30歳独身のA男さん。IT会社勤務、年収350万円のケースです。

A男さんは、IT会社に勤務する会社員、年収は350万円です。労働時間が長い割に給料は安く、慢性寝不足気味の状態……。仕事が休みの日も疲れて寝ているという状況なので、この状況を変えたいと悶々とした日々を送っていました。そんなとき、ネットサーフィンをしていたところ目に入ったのが、インターネット広告で目にした「海外FX」だったそうです。

そもそもFXの魅力は、なんといっても少額の資金で大きな金額の取引ができる、いわゆる「レバレッジ効果」を利用して取引できるところです。国内のFXでは昔は高かったものの、現在では最大レバレッジは25倍までですが、海外のFXでは、レバレッジを200倍以上かけることができます。

海外FXで高いレバレッジをかけて、もしうまくいったら億万長者も夢ではないかもしれない! そんな夢が広がる海外FXですが、さらに、A男さんにとって魅力的だったのが、海外FXは、証拠金の預け入れを「クレジットカード」で支払うことができるところでした。というのも収入が少ない中、1人暮らしだったことと、趣味のバイクにお金を使ってしまっていたことで、A男さんは、貯蓄が50万円とほとんどなかったからです。

国内のFXをやっている人にはピンとこないと思いますが、海外FXの場合は、証拠金を入金するのにクレジットカードを使うのは一般的だそうです。しかも、クレジットカードでの入金はリアルタイム入金が可能になるので、かなり便利なワケです。

ただし、便利な反面、クレジットカードは借金ですから、FXで利益を出すことができなければ、借金の返済に追われることになります。

次ページ最初はカードで50万円を借りての投資だったが…
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。