「渡辺直美」をワインに例えるとどんな感じか

日本人がわかってないワインの「重めと軽め」

ワインを人に例えると、ぐっとわかりやすく、親しみが持ちやすくなるはず(イラスト:くぼあやこ)

はじめまして! ワイン研究家の杉山明日香と申します。今回より、ビジネスパーソンにぜひ知ってほしい、「ワインの常識」コラムをお届けします。

連載の一覧はこちら(今回が初回です)

世の中には“おいしい人生”と “まあまあの人生”を送っている人がいるように、同じレストランに行っても、おいしいワインにありつける人と、残念ながらそうでない人がいます。その差はいったい何でしょうか……? お金を持っているかどうか? 

いえいえ、それは、一言で言うと“情報量”です。おいしい人生を送っている人たちに共通していることは、好奇心と探究心を持って日々なんでも知ろうとしていること。

一言添えると、出てくるワインが変わる!

とはいえ、ワイン用語はカタカナが多く、どこか取っ付きにくい印象がありますよね。舌を噛みそうな品種名、地名、さらに「猫のおしっこ」「ペトロール香」など、よくわからない専門用語……。

そこで、それらの用語を知らなくてもワインの特徴がわかるよう、この連載ではワインを誰もが知っている有名人に例えてまずは全体の雰囲気をつかんでもらいつつ、必要なワインの知識を伝授します。ぜひこの連載で基礎知識をあなたのものにし、一緒に“おいしい人生”を送りましょう!

まず、「ワインのおいしい、おいしくない」ってなんでしょう? そもそも不健全な状態とか、管理状態が悪くて、劣化しているとかを別とすれば、飲む人の好みに合っているかどうかが一番重要です。あとは、その場の気分やシチュエーションにマッチしているか、いないかということも大きな要素。価格なども含め、その場に最も適切なワインにありつけるというのが最終目標といえるでしょう。

ところでみなさん、レストランやワインバーに行かれたとき、どうやってワインをオーダーしますか? 「お店の人におすすめを聞く」「赤白を決め、あとはなんとなく値段で決める」。そんな人も多いかもしれません。でもすべて他人任せじゃあ、もったいない! あと一言添えるだけで、“おいしい人生”がぐっと近づきます。

次ページワインの重め、軽めの本当の意味とは?
関連記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。