1カ月1カ所収納で気持ちいい「衣類の収納」を

今回はクローゼットの引き出しを見直します

このようにして収納用品のサイズをはかったら、準備は完了。収納用品の深さ別に、たたみ方をご紹介します。

2.中に入れるものの高さで収納用品を選ぶ

<女性用のトップスを収納するなら、浅めの衣装ケースに>

衣装ケースの多くは、深さ18cm/24cm/30cm前後で展開されています。たくさん入るという理由で深さ30cmを選びたくなるのですが、深すぎると衣類が埋もれるというデメリットが。そこで女性用のTシャツやカットソーの収納は、深さ18cmのものをおすすめしています。

(写真:マイカジ編集部)

では、この深さ18cmの衣装ケースに合わせてTシャツをたたんでみましょう。前述したとおり、私のベストなTシャツ収納幅は「片手をいっぱい広げた長さ」です。このように(下の写真参照)Tシャツの上に広げた手を置き、その幅にあわせて両端を折りたたみます。

(写真:マイカジ編集部)

横幅が決まったら、縦に半分に折り、さらにそれを半分に折りたたんで四つ折りにします。その上に片手をのせて、再びサイズチェック。このとき「ふんわり開いた手」のサイズになっていれば、収納用品に合わせた深さにたためたという証拠です。

(写真:マイカジ編集部)

きれいにたたむのが苦手という方は、1枚ずつ平らな床の上でたたんでみましょう。洗濯物はつい膝の上でササッとたたみたくなるのですが、これは収納の中で型くずれを起こす原因に。はじめは床でたたむことを面倒に感じるかもしれませんが、慣れてくるとそんなに手間はかかりません。

次ページ男性用のトップスやボトムスの収納方法
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。