1カ月1カ所収納で気持ちいい「衣類の収納」を

今回はクローゼットの引き出しを見直します

収納量と効率がグンとアップ!(写真:マイカジ編集部)
毎月1ヶ所ずつから収納を見直してみる、1ヶ月1ヶ所収納。今回はクローゼットの引き出し(衣装ケース)を見直しましょう。
当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です。元記事はこちら

衣類の収納は、悩みが尽きません。気づけばクローゼットはぎゅうぎゅう、引き出しの中は服が積み重なって中がぐちゃぐちゃ……。そんなお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

整理整頓された引き出しは、取り出しもスムーズ。何がどこにあるかがすぐに把握できていれば、毎朝の身支度にかかる時間も短縮できて時短につながります。使い勝手のよい引き出しの使い方と衣類のたたみ方をライフオーガナイザーの宇高有香さんに聞きました。

1.収納用品のサイズに合わせてたたむ

収納上手の第一歩は、たたんだ衣類を「縦に入れる」こと。中身がひと目でわかるうえ、取り出しやすいのがメリットです。もうひとつは「収納用品のサイズに合わせたたたみ方」を知ること。この2点を意識してたたむことが、使い勝手のよい収納につながります。

たたむサイズは、自分の手や腕を使って目安をつくると便利です。たとえば私の場合、女性用Tシャツやカットソーをたたんだときの横幅は、「片手をいっぱいに広げた長さ」がベスト(下の写真参照)。この感覚を覚えておくと、たたんだ服の横幅が自然と揃ってきます。

(写真:マイカジ編集部)

たたむ幅と同時に、収納の深さもチェック。私の場合、深さ18cmの衣装ケースだと「ふんわり開いた手」が深さの目安です(下の写真参照)。

(写真:マイカジ編集部)
次ページ収納用品のサイズに合わせたたたみ方
関連記事
トピックボードAD
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 就職四季報プラスワン
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。