家事効率がアップする洗濯機まわりの収納術

洗濯機まわりを気持ちよく使うための秘訣

2.視覚的に統一することで、生活感をできるだけ最小限に

使用頻度の高いハンガー類はしまわず、すぐ使える場所に引っかけています。出しっぱなしでも気にならないよう、ハンガーの色とかたちは統一。

厚みが揃うとコンパクトに収納できるのもいいですね。ここを変えるだけでも洗濯機まわりの印象はずいぶん変わります。我が家では白いプラスチックハンガーは子ども服、ステンレスハンガーは大人用と分別しています。

(写真:マイカジ編集部)

収納量がグンと上がる

3.洗濯機とベランダまわりは、棚やポールを活用

洗濯機の上のスペースは、棚やポールを付けると収納量がグンと上がります。組み立て式のランドリーラックも販売されているので、狭い空間を有効活用したい人にはおすすめです。

うちでは棚を付けて、カゴを置いています。ここにはこまごました日用品のほか、家族4人の下着を収納しています。乾燥機で乾かしたら、このカゴにポイと投げ込んで収納するだけなので楽ちんです。お風呂上がりはここから取り出せばいいので、動線がスムーズになりました。

(写真:マイカジ編集部)

また、ベランダの入口にはちょっとしたときに洗濯物を引っかけられるポールやフックがあると大活躍。物干しで使う大きな洗濯バサミなどは、キャンバストートに入れてここに吊るしています。

宇高有香さん(写真:マイカジ編集部)

直接ポールを壁に付けられない場合は、突っ張り棒や壁をキズつけないフックなどを活用して工夫してみてください!

洗濯は日々繰り返す家事。動線に沿ってものの配置を見直すだけでも、家事がいままでよりもスムーズに変わるかもしれません。きれいに整った洗濯機まわりは、やる気アップも間違いなし。早速試してみてください。

(文:大野 麻里)

取材協力:宇高有香さん
○プロフィール○
宇高有香(うだか・ゆか)/ライフオーガナイザー。もともと片づけが苦手だったが、自邸の家づくり中に片づけの大切さに気づき、ライフオーガナイザー1級を取得。夫と2人の子どもと4人暮らし。
マイカジスタイルの関連記事
知らなきゃ損!いつでも簡単、鍋のお手入れができる便利アイテム
1ヶ月1ヶ所収納で気持ちいい生活を【衣類の収納編】
夏の準備は大丈夫?水着やビーチグッズのお手入れ法を知ろう
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT