休日を朝から有意義に過ごすための工夫3つ

日曜日の朝から元気に活動するための秘訣

朝からシャキッと気持ちよく目覚めるには?(写真:Ushico/PIXTA)
充実した休日を過ごすためには、朝の過ごし方が大切。すっきり目を覚まして、元気に活動するための工夫をまとめました。
当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です。元記事はこちら

あなたは普段の休日をどのように過ごしていますか。日々の疲れでなかなか起きられなかったり、溜まった家事に追われて休日が終わってしまった、なんてことありますよね。

せっかくの休日だからこそ、朝からスッキリ気持ちよく目覚めて活動的に過ごしたいもの。そのために始めてみたい3つの工夫をご紹介します。

気持ちのいい目覚めには、夜片づけがオススメ

朝からシャキッと気持ちよく目覚めるには夜片づけがオススメ。起きたときに散らかった部屋だと気分も台無しですが、スッキリ片づいた部屋なら、気分爽快。アクティブな気持ちで一日を始められます。

そこで、夜寝る前に部屋にあるモノを一度リセットしましょう。とはいえ、部屋中すべて片づけるのは大変です。テーブルと床の上のモノだけでもしまっておくと、部屋はぐんと片づいて見えます。

(写真:マイカジ編集部)

さらに、起きたらすぐ、床の拭き掃除ができたら◎。夜寝ているうちに、空気中にあった埃は床に落ちてきます。

動き出すとまた舞い上がってしまうので、その前にささっと拭いてしまうと効率よく掃除ができます。

ベッドの側にハンディワイパーやフローリングワイパーを置いておけば、スムーズに掃除に取りかかれますよ。

次ページアロマ香る蒸しタオルで、やる気スイッチをオン
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
  • 親という「業」
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT