休日を朝から有意義に過ごすための工夫3つ

日曜日の朝から元気に活動するための秘訣

朝からシャキッと気持ちよく目覚めるには?(写真:Ushico/PIXTA)
充実した休日を過ごすためには、朝の過ごし方が大切。すっきり目を覚まして、元気に活動するための工夫をまとめました。
当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です。元記事はこちら

あなたは普段の休日をどのように過ごしていますか。日々の疲れでなかなか起きられなかったり、溜まった家事に追われて休日が終わってしまった、なんてことありますよね。

せっかくの休日だからこそ、朝からスッキリ気持ちよく目覚めて活動的に過ごしたいもの。そのために始めてみたい3つの工夫をご紹介します。

気持ちのいい目覚めには、夜片づけがオススメ

朝からシャキッと気持ちよく目覚めるには夜片づけがオススメ。起きたときに散らかった部屋だと気分も台無しですが、スッキリ片づいた部屋なら、気分爽快。アクティブな気持ちで一日を始められます。

そこで、夜寝る前に部屋にあるモノを一度リセットしましょう。とはいえ、部屋中すべて片づけるのは大変です。テーブルと床の上のモノだけでもしまっておくと、部屋はぐんと片づいて見えます。

(写真:マイカジ編集部)

さらに、起きたらすぐ、床の拭き掃除ができたら◎。夜寝ているうちに、空気中にあった埃は床に落ちてきます。

動き出すとまた舞い上がってしまうので、その前にささっと拭いてしまうと効率よく掃除ができます。

ベッドの側にハンディワイパーやフローリングワイパーを置いておけば、スムーズに掃除に取りかかれますよ。

次ページアロマ香る蒸しタオルで、やる気スイッチをオン
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。