平気でカネを吸い上げるヤバい人の巧妙手口

金銭にルーズな人に1円も渡すべきではない

あるタイプの人たちは言い訳やウソが上手で、そのウソに自分自身も麻痺し、恥も罪悪感もありません(写真:ワンセブン / PIXTA)

※ミセス・パンプキンへの子育て・家族関係などのお悩み相談は
専用メール専用サイトで受け付けています

私の母親は毒母です。家族は父母と兄2人と私の5人家族ですが、全員、母親からストレスを与えられ続けてきました。私がもっとも嫌だと思っているのは、母親の独善的な性格と金銭トラブルです。身の丈を越えた浪費で、金銭をいつも誰かに泣きついたり搾取してきました。私は現在大学3回生です。就職後、母が私におカネをせびりに来たら、どうすればいいでしょうか。
我が家は裕福ではないですが、暮らしていくには支障がない一般家庭です。ですが、母親はいつも身の丈に合わない保険に加入したり、自身の見栄のために私たちにピアノを習わせたり、無駄遣いばかりするので、いつもおカネがないといって騒いでいました。
そのたびに、母の実家に泣きついておカネをせびったり、父方の祖母が亡くなったときは祖母の通帳と印鑑をくすねたりしていました。このように、母はいつも困るたびに浪費をやめず、誰かからおカネを搾取してきました。
私は 母親の生活範囲内にいたくないので、地元での就活はしないつもりです。しかし、父母ともに私が卒業する年に定年になることや、兄2人が定職についていないことが気がかりです。そしていつか、母親がおカネ目当てに私のところへ来そうな気がして怖いです。おカネをせびりに来られたらどういうふうに対応するのがよいでしょうか。
大学3回生

少額でもカネを渡すべきではない

この連載の一覧はこちら

あなたがどれだけ好条件で就職したとしても、母上を満足させる金額を稼ぐことはできません。そして数回に1度であっても母上の泣きつきにほだされて少額でも貸すと(渡すと)、それはあなたにはそれなりの出費額でも、母上には雀の涙でしかありません。

しかも「次も借りられる」と期待を持たせる関係になるのです。金銭以外では付き合えても、金銭は事情に関係なく1円も渡せないことを、針の先ほどの妥協もなく伝えるべきです。それが何より母上のためであることを、これからお話しします。

次ページ借金癖を治すには貸す人がゼロになるしかない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。