フランス・パリで「ジャポニスム2018」開幕

今年後半、パリが日本文化発信の一大拠点に

日本とフランスとの友好160周年を記念して日本文化を紹介するイベントが12日、フランス・パリで開幕した。

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

「ジャポニスム2018」は日本とフランスとの友好160周年を記念して開かれたイベントで、パリで行われた開会式には、河野外相が出席した。

今回、ルーブル美術館をはじめ、パリを中心とする100近くの会場で日本の伝統文化から現代アートまで様々な展示や公演が行われ、日本を紹介するイベントとしては過去最大規模となる。

このうち、高さ11メートルの滝を再現するデジタルアートなど一部の展覧会が開幕に先駆けてはじまっており大勢の来場者を魅了している。

チームラボ代表・猪子寿之氏「自分が生まれた場所の長い歴史の文化的な積み重ねがあってこの作品がある。ヨーロッパ中の多くの人がこれを見に来てくれるのが本当に幸せなこと」

「ジャポニスム2018」は8か月間にわたって開催される予定で、今年後半、パリが日本文化発信の一大拠点となる。

日テレニュース24の関連記事
農水関連被害額232億円超に 西日本豪雨
女子大生を執拗に追いかけキスや尻もむ
警視庁の50代警視、路上で女性の尻触る
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発進!プログラミング教育

2020年度に小学校でプログラミングが必修化。6年後には新センター試験に導入。親が子どもにしてやれることは? 先進公立小学校の取り組みから夏休みの自由研究のネタまで紹介。