日本代表への「手のひら返し」に映る真の衆愚

感情に任せる過剰バッシングが生まれたワケ

本田圭佑選手(右)と長友佑都選手には特にバッシングが起きた(写真:松岡健三郎/アフロ)

日本代表の奮闘で沸いたサッカーワールドカップロシア大会が、いよいよ残り2試合となりました。日本代表は5日に帰国して会見を開いたあと、長谷部誠キャプテン(ドイツ・フランクフルト所属)を中心にテレビ出演する姿が見られるようになっています。

決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)での敗退から、帰国会見、そして、現在に至るムードは、「感動をありがとう」一色。ウェブサイト、テレビのワイドショー、新聞、さらには居酒屋での会話まで、日本中が穏やかな空気であふれています。

しかし、わずか約1カ月半前のメンバー発表時から初戦に勝利するまで日本代表の選手たちは、目を覆いたくなるようなバッシングの嵐にさらされました。「おっさんジャパン」「年功序列ジャパン」と揶揄されるだけならまだしも、「今回だけは絶対に応援しない」「日本人としてこのメンバーは恥」「負けるためだけに行くおカネのムダ」「3戦全敗のロシア旅行」などの強烈な批判がネット上に飛び交っていたのです。

「負け犬」「老害」「ゴミ以下」目に余る個人たたき

なかでも強烈なバッシングを受けたのは、長友佑都選手(トルコ・ガラタサライ所属)と、本田圭佑選手(メキシコ・パチューカ所属)。

過熱する批判に業を煮やした長友選手が「年齢で物事判断する人はサッカー知らない人」とツイートし、本田選手も「プロフェッショナル 仕事の流儀」(NHK)で「ハリル(ホジッチ前監督)のサッカーにすべてを服従して選ばれていく。そのことのほうが僕は恥ずかしいと思っている」などと発言をしたことで、2人はバッシングの矢面に立つ形となり、まだ試合前であるにもかかわらず徹底的にたたかれました。

「負け犬の遠吠え」「口だけの人間」「人としてどうかしている」「老害」「ゴミ以下」「ボッコボコにしてやろうか」

まさに人格侵害や名誉毀損にも該当しそうな言葉が、個人に浴びせられ続けていたのです。本人はもちろん、家族や友人、チームメートまで、多くの人々がつらく悲しい思いをしたことは想像に難くありません。

次ページところが、その後の活躍で世間の空気はガラッと変わる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。