「1カ月に1カ所収納」でスッキリさせるコツ

食材管理の無理をしない整頓術を紹介します

キッチンの食材管理のポイントを紹介します(写真:マイカジ編集部)
毎月1ヶ所ずつから収納を見直してみる、1ヶ月1ヶ所収納。今回はキッチンの食材管理を見直しましょう。
当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です。元記事はこちら

部屋全体をいっきに片づけるのは、時間も体力も使います。そこで毎月1ヶ所ずつ収納を見直して、無理をしない整理整頓をはじめてみましょう!

家が片づかないと悩んでいる人は、キッチンから見直してみるのがおすすめです。というのも、キッチンはほかに比べて独立した場所。鍋やおたまなどを寝室でも利用する、というお家はないですよね。キッチン用品はキッチンでしか利用しないため、ものが混在しづらく、使う道具が明確なので片づけやすいのです。

そんなキッチンの散らかる原因のひとつが「食材」。冷蔵庫や棚、引き出し、カゴなど収納場所があちこちに置きがちで、「うっかり賞味期限切れ」を経験した人も多いのでは? 

食材管理のポイントを、ライフオーガナイザーの宇高有香さんに聞きました。

1.浅い容器を使って、食材の賞味期限切れを防ごう

「引き出しの奥底で、忘れられた食材」「食べ慣れない海外のお土産」「1回使っただけの、使い慣れない調味料」など……。賞味期限を切らしやすいものは、しまいこまずにわざと見える位置に置き、数日中に食べきるようにしましょう。

インスタントスープやお茶漬けの素、かつおぶしやティーバッグなど袋ものは、箱やパッケージを捨て、中身だけにすると量が把握しやすくなります。深さのある容器に収納しがちですが、ここはあえて浅い容器に。子どもでも残量がひと目でわかります。

(写真:マイカジ編集部)
次ページ防災用の食材の保管は
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT