「気になる著者」を絶対に見逃さない"仕掛け"

「著者フォロー」機能を始めました

東洋経済オンラインでは、お気に入りの著者を登録することによって、最新記事の通知をメールで受け取ることができる「著者フォロー」サービスを本日より開始しました。

フォローは簡単

フォローの方法は簡単です。まず、記事ページの著者名の横にある「著者フォロー」ボタンをタップしてください。フォローする著者名を確認して、「フォローする」ボタンをタップすればフォローが完了します。なお、「著者フォロー」ボタンが表示されるのは、個人の著者に限ります。「ロイター」「東洋経済オンライン編集部」のような組織名の著者には「著者フォロー」ボタンは表示されません。

フォローするためには「東洋経済ID」の会員(無料)に登録する必要があります。まずは「フォローする」ボタンを押し、IDをお持ちでない方は新規会員登録に進み、ガイドに従って登録してください。「東洋経済ID」会員ではあってもログインしていない場合には、ログイン画面が表示されますのでログインボタンをタップしてください。

最新記事を通知します

フォローが完了すると、東洋経済IDに登録したメールアドレス宛に確認メールをお届けしますのでご確認ください。

その後は、フォローした著者の最新記事が公開されるたびに「◯◯◯◯さんの最新記事をお届けします。」というタイトルの最新記事お知らせメールをお送りします(なお、フォローした著者の記事が必ずしも定期的に公開されるわけではありませんので、あらかじめご了承ください)。

フォロー済みの著者一覧を確認することもできます。最新記事お知らせメール下部の「フォロー中の著者一覧を見る」をタップすると、フォローしている著者一覧を確認できます。

このページから、フォローしている著者の記事一覧を確認したり、フォローを解除することもできます。

著者フォローを解除するには、上記のように一覧から解除することもできますが、個別著者ごとに解除設定することも可能です。最新記事お知らせメールの下部にある「フォロー解除はこちら」をタップして、フォローを解除してください。

この新機能を活かし、将来はフォロワー限定の著者交流会やセミナーなども実施する予定です。東洋経済オンライン編集部では、こうした取り組みによって、良質なコミュニティ空間を育てていくことを目指しています。今後の発展にご期待下さい。

トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悩める小売り2大巨頭<br>セブン、イオンの盲点

失態続きのセブン&アイ・HD。鈴木敏文元会長が推進したオムニチャネル事業関連など、「負の遺産」とも言うべき子会社の業績不振も深刻だ。イオンも赤字を垂れ流す問題児に頭を抱える。岐路に立つ両社のグループ経営の問題点にメスを入れる。