FCで独立して失敗する人と成功する人の差

自分の特性を知ってどうするかを決めよう

自己主張が強すぎると…(イラスト:Ingka D. Jiw / PIXTA)

現在25兆円市場と、実は伸び続けているフランチャイズ・ビジネス。
「フランチャイズ」という言葉はなんとなく聞いたことはあっても、実際に脱サラしてオーナーになるのは大変そうだし、何から始めればいいのかわからない……。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

そんなフランチャイズ初心者のためにおすすめしたい入門書が、新刊『1円も出さずに全国展開する方法 フランチャイズの処方箋』。この本では、「牛角」や「ガリバー」などを急成長させたフランチャイズのプロ・竹村義宏氏が、「本当に儲かる業種は?」「加盟のリスクは?」「初期費用は?」といったフランチャイズ・ビジネスに関する91の疑問に答えています。

Q. 聞けば聞くほど、選び方がわからなくなってきました

僕はアメリカのフランチャイズも見てきたけど、アメリカでのフランチャイズ加盟って日本と全然違う。

本部がシミュレーション結果を示しても、「こんなんじゃダメだ。黒字になるまでの期間を半分にするには何をやったらいいか?」。契約書を読んで、「こういうこともやりたいが、契約違反にならないか?」と聞いてくる。やるのは自分だと自覚しているからこそ出てくる質問だ。

だけど日本では、そのような質問など皆無に近い。

「今までに加盟して開業した人たちはどうなっていますか?」

「平均的な売上はいくらぐらいですか?」

「これまでの加盟者は、開業資金としていくらぐらい準備していますか」

と、周りがどうかばかりを気にしている。

まるで、周りがうまくいけば自分もうまくいく、周りが失敗するようだと自分もうまくいかないだろうと、判断基準を平均値に求める傾向がある。

しかし成功者の多いフランチャイズだからって、自分が成功できるとは限らない。

うまくいっていないフランチャイズでも、自分がやったら大成功するかもしれない。

さらに「おおよそでいいんですが、黒字になるのは何カ月後ぐらいからでしょうか?」と聞いてくる人がいる。フランチャイズに参加すれば本部が事業を成功させてくれると思っているのだろうか。

脱サラ組の中には、商売がわかっていない人が多いと幾度も述べてきた。

次ページ自分の好みで選んだほうがスッキリする
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。