収入重視女と容姿重視男に未婚が多いワケ

「希望と実情のズレ」を1万人調査から分析

結婚相手に求める条件は人それぞれですが…(写真:Fast&Slow / PIXTA)

女性の婚活の現場では、相手男性への希望条件としての「年収」は、相変わらず大きな比重を占めています。株式会社ぐるなびが運営する結婚式情報検索サイト「ぐるなびウエディング」が2018年6月に発表した最新婚活事情調査によれば、女性が男性に求める理想の年収を100万単位で見ると「400~500万円未満」が19.4%で最も多く、400万円以上を希望する女性をすべて合算すると68.9%となり、ほぼ7割になります。

400万円以上の年収があるのは、たったの25%

結婚は経済生活ですから、パートナーの収入を気にすることは当然です。が、未婚男性の収入分布が現実的にどうなっているかはご存じでしょうか? 2012年就業構造基本調査に基づいて、年収400万を境にした全国年齢別未婚男性の構成比は、以下のとおりです。

未婚男性全体で400万円以上の年収があるのは、たったの25%です。20~30代のいわゆる結婚適齢期の年代だけに限定するとわずか14%になります。要するに、年収400万円以上の30代までの男性を、7割の女性が希望したとすると、55%以上の女性はマッチングされないという計算になります。

この連載の一覧はこちら

非婚化の要因として、こうした年収に限らず、男女の希望のアンマッチ問題は深刻です。女の希望が男の実情とかけ離れていたり、その逆も多いのです。

今回は、未婚男女のマッチングを阻害する要因についてさまざまなデータを取りまとめて紹介します。

次ページ世界がもし100人の未婚男女村だったら?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発進!プログラミング教育

2020年度に小学校でプログラミングが必修化。6年後には新センター試験に導入。親が子どもにしてやれることは? 先進公立小学校の取り組みから夏休みの自由研究のネタまで紹介。