レイテ海戦生還、92歳が今語る「当時の記憶」

多くの兵隊たちが泣き、家族の名を叫んだ

「利根」の軍艦旗を保管している荒谷磨治さん。「旗は棺おけの中に入れてもらう」と話す(写真:福井新聞 7月、福井県坂井市)

1944年10月、日米の軍艦など約200隻が集結した「史上最大の海戦」とされるフィリピンのレイテ沖海戦。重巡洋艦「利根」の砲員として、敵戦闘機の銃弾を受けながらも生き抜いた荒谷磨治(あらたに・まはる)さん(92)=福井県坂井市=の手元には、利根の軍艦旗がある。この世を去った元乗組員たちから受け継いできたものだ。荒谷さんは「軍艦旗には戦没者の魂が入っている。戦友と呼べる人はもうおらず、軍艦旗は自分の棺おけの中に入れてもらうつもり」と話す。

全軍突撃命令

1941年、15歳で海軍に入隊した。水雷艇「初雁」の乗組員を経て、1943年2月に横須賀砲術学校を卒業。その後、高角砲の砲員80人のまとめ役として利根に乗り込んだ。

米軍がレイテ島に上陸した1944年10月20日、レイテ沖に向かう「全軍突撃」命令が下った。「口に出せないが、勝ち目はないと思った」と荒谷さん。艦船を守る戦闘機が圧倒的に不足していた。

その日、砲員を集め「今度の出撃では絶対に帰れない。今夜は思う存分(酒を)飲め」と訓示した。赤紙で召集された兵隊たちの多くは顔色をなくし、泣きだし、家族の名前を叫んだ。存分に酒を飲んだ兵隊はいなかった。

19歳で、妻子もいなかった荒谷さんは冷静だったという。「とにかく砲弾が出るよう発火装置をきちんと管理する。それしか考えていなかった」。死の恐怖、生への執着はみじんもなかった。

次ページ若狭の看護師
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
GPIF運用改革の課題<br>ESG投資に乗り遅れるな!

厚生年金と国民年金の積立金約156兆円を運用するGPIF。アベノミクス初期に行われた運用改革が第2幕に突入。主眼はESG投資の拡大だ。ESG投資に出遅れる日本は変われるのか?