FC事業で失敗したくない人に教えたい心得

何のために何を実現したいのかを見定めよう

成り行きでフランチャイズに加盟しても後悔することになります(写真:Rawpixel / PIXTA)

現在25兆円市場と、実は伸び続けているフランチャイズ・ビジネス。
「フランチャイズ」という言葉はなんとなく聞いたことはあっても、実際に脱サラしてオーナーになるのは大変そうだし、何から始めればいいのかわからない……。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

そんなフランチャイズ初心者のためにおすすめしたい入門書が、新刊『1円も出さずに全国展開する方法 フランチャイズの処方箋』。この本では、「牛角」や「ガリバー」などを急成長させたフランチャイズのプロ・竹村義宏氏が、「本当に儲かる業種は?」「加盟のリスクは?」「初期費用は?」といったフランチャイズ・ビジネスに関する91の疑問に答えています。

Q.テリトリーでもめたりしませんか?

その通り。加盟店が儲かって本部も儲かるって図式ができてくると、加盟店の枝分かれというか、多店舗化が一気に進み始める。多店舗化できることこそがフランチャイズに加盟する利点の一つだからね。

そこへ新規の加盟希望者が押し寄せる。まさに情報時代、虎視眈々とビジネスチャンスを待ち続け、耳寄りな情報に敏感な人も多いから、情報が一気に拡散する。その結果、想像もできなかったような展開スピードで、急拡大するのもフランチャイズの特徴なんだよ。

そうなれば、テリトリーの奪い合いだね。加盟者同士だけでなく新規の加盟希望者も加わって、陣取り合戦が始まる。これはもう、儲かるフランチャイズの宿命だね。これが起こらないようじゃ、いいフランチャイズとは言えない。

加盟店をまず儲けさせて、その結果、本部が儲かるようにしなきゃいけないと強調してきたけど、この通りにしたからといって、みんなハッピーで終わるわけでもないんだよ。今度は陣取り合戦、仲間同士の間で戦(いくさ)が始まってしまうんだから。

次ページテリトリー問題は加盟店同士の問題で終わるわけがない
関連記事
トピックボードAD
  • 30歳とお金のリアル
  • 北朝鮮ニュース
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。