「FC加盟店は全く儲からない説」の大きな誤解

多種多様な経験値の積み重ね、SNSも利点だ

本当のところは?(写真:PeopleImages/iStock)
現在25兆円市場と、実は伸び続けているフランチャイズ・ビジネス。
「フランチャイズ」という言葉はなんとなく聞いたことはあっても、実際に脱サラしてオーナーになるのは大変そうだし、何から始めればいいのかわからない……。
そんなフランチャイズ初心者のためにおすすめしたい入門書が、新刊『1円も出さずに全国展開する方法 フランチャイズの処方箋』。この本では、「牛角」や「ガリバー」などを急成長させたフランチャイズのプロ・竹村義宏氏が、「本当に儲かる業種は?」「加盟のリスクは?」「初期費用は?」といったフランチャイズ・ビジネスに関する91の疑問に答えています。

フランチャイズは本当に儲かるのか

Q. ネットで検索すると、「儲からない」って話のオンパレードですよね?

「フランチャイズは儲からない」って話は、ネット時代になって、より一層広まったね。人の不幸は蜜の味というでしょう。失敗談のほうが面白いから、失敗談や悪口はすぐに検索上位に来てしまう。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

一方で、うまくいったって人の成功談なんて、「あっそ、よかったね」くらいの反応で、聞きたくないようだ。「ファミリーマート」を十数店舗やって大儲けした社長が出した本もあるけど、やっぱりというか、売れてない。

フランチャイズに加盟してうまくいった話は、自分の知恵や才覚で成功したと思われないのだろうね。「フランチャイズに加盟したので儲かりました」なんて、あまりカッコよくないというイメージもある。「自分の趣味とセンスで喫茶店を始めたら、こんなに儲かりました!」ってほうがカッコいいし意外性もあって、話としても面白いんじゃないかな。

フランチャイズに興味があれば別だけど、そうじゃない人から見たら、「フランチャイジー(加盟者)として努力したので成功しました」って話は面白くないんでしょうね。

次ページ現実には
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT