「FC加盟店は全く儲からない説」の大きな誤解

多種多様な経験値の積み重ね、SNSも利点だ

本当のところは?(写真:PeopleImages/iStock)
現在25兆円市場と、実は伸び続けているフランチャイズ・ビジネス。
「フランチャイズ」という言葉はなんとなく聞いたことはあっても、実際に脱サラしてオーナーになるのは大変そうだし、何から始めればいいのかわからない……。
そんなフランチャイズ初心者のためにおすすめしたい入門書が、新刊『1円も出さずに全国展開する方法 フランチャイズの処方箋』。この本では、「牛角」や「ガリバー」などを急成長させたフランチャイズのプロ・竹村義宏氏が、「本当に儲かる業種は?」「加盟のリスクは?」「初期費用は?」といったフランチャイズ・ビジネスに関する91の疑問に答えています。

フランチャイズは本当に儲かるのか

Q. ネットで検索すると、「儲からない」って話のオンパレードですよね?

「フランチャイズは儲からない」って話は、ネット時代になって、より一層広まったね。人の不幸は蜜の味というでしょう。失敗談のほうが面白いから、失敗談や悪口はすぐに検索上位に来てしまう。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

一方で、うまくいったって人の成功談なんて、「あっそ、よかったね」くらいの反応で、聞きたくないようだ。「ファミリーマート」を十数店舗やって大儲けした社長が出した本もあるけど、やっぱりというか、売れてない。

フランチャイズに加盟してうまくいった話は、自分の知恵や才覚で成功したと思われないのだろうね。「フランチャイズに加盟したので儲かりました」なんて、あまりカッコよくないというイメージもある。「自分の趣味とセンスで喫茶店を始めたら、こんなに儲かりました!」ってほうがカッコいいし意外性もあって、話としても面白いんじゃないかな。

フランチャイズに興味があれば別だけど、そうじゃない人から見たら、「フランチャイジー(加盟者)として努力したので成功しました」って話は面白くないんでしょうね。

次ページ現実には
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。