友達ゼロ人!「妻依存オジサン」の厳しい余生

人は年を取るほど友人を作りにくくなる

男性はなぜ、孤独になっていくのか(写真:NOV/PIXTA)

「最近、新しい友人を作りましたか」。筆者がこう周りに聞くと、首を傾げて1人もいないと答える中高年は多い。人は年を取るほど、友人、知人を作りにくくなる。

日本の高齢者の4人に1人は友達がいない

これは世界共通の傾向のようだ。2016年に発表された論文によれば、友人のネットワークの輪は10代、20代と広がり、25歳をピークに、その後は縮小トレンドに入っていくという。ニッセイ基礎研究所のレポートによると、日本の高齢者の4人に1人(25.9%)が友人がいないというデータもある。これはアメリカ(11.9%)や、スウェーデン(8.9%)などと比べても非常に高い水準だ。

この連載の一覧はこちら

いざというとき、家族以外に頼れる人、相談できる人がいないということだ。こうしたつながりがあるかないかは、人の健康や幸福感に大きく影響する。つながりがなく、孤独であるリスクは一日たばこ15本吸うことや、アルコール依存症であることに匹敵するといわれている。

6月6日放送のNHKの「ためしてガッテン」でも、孤独が炎症を促進し、健康を害することや、「つながり」が健康寿命の最強の条件であり、寝たきり予防に最も効果があることが紹介され、話題を呼んだ。昨今、過度に「孤独」が美化されているきらいがあるが、科学的にみれば「孤独」はリスク要因でしかない。

日本では、中高年男性の孤独度が際立って高いのが特徴的だ。一人暮らしの高齢者のデータを見ると、困ったときに頼る人がいないと答えた人の割合は女性が8.5%に対し、男性は20.0%に上る

また、会話が2週間に1回以下という人の数は、女性の場合は3.9%に対し、男性の場合、その4倍近い16.7%という水準だった。

次ページ日本人特有の意識
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?