時代を生き抜くカギは「感性と論理」の融合だ

芸術の背後に潜む数学から「創造性」を学ぼう

何かを創造する際には、感性と論理の融合が大切になる(写真:Creative-Touch/iStock)

数学は、音楽や芸術の背後に隠れていることが多い。

西洋では長らく、代数学、音楽、幾何学、天文学は4大学問として同じように扱われてきた。音楽や芸術と数学という一見異なる2つの世界を結ぶものは何だろうか。

21世紀という変化が激しい時代、老若男女に「創造性」や「成長マインドセット」が大切といわれる時代において、私たちはどんな力を鍛えていけばいいのだろうか。

音楽・芸術の背後にある数学の例を眺めながら考えてみたい。

バッハ、エッシャー、北斎の作品に潜む数学

大作曲家バッハの楽曲には、譜面の左右対称、上下対称、点対称、平行移動などを自由に音楽的・有機的に組み合わせ、まるで建築のような美しい構造が音楽の神秘・美を生み出しているものが多数存在する。

たとえば、『蟹のカノン』を一人が冒頭から楽譜を読み、もう一人が最後からさかのぼって楽譜を読んで同時に演奏すると、バッハらしい、美しい音楽が生まれる。

だまし絵などで有名なオランダの画家、エッシャーの「繰り返し模様」を使った不思議な絵たちの背後にも、バッハと似た「対称性」の秘密が眠っている。

大きくうねる波の先に富士山の頂上が見える。補助線は筆者が挿入(写真:hanako/PIXTA)

江戸時代に躍動的な絵を残した画家、葛飾北斎。その独特な個性、美を生み出すための仕掛けの背後にも、数学的な秘密が潜んでいたことがわかっている。

北斎の代表作『冨嶽三十六景《神奈川沖浪裏》』の背後には複雑な作図があり、人々が大きくうねる波の動きを目で追うと、その先に遠くの富士山の頂上が自然と見える、という絶妙な仕掛けだ。

次ページ数学が音楽の可能性を広げてきた
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。