「葬儀の喪主は誰がやる問題」の意外な地域差

地方紙12紙の「おくやみ」欄から判明

結婚式などでは薄れつつあるが、葬式には今なお「家制度」が色濃く反映されている(写真:mits/PIXTA)

福井の葬儀、喪主は長男が主流――。生前、お世話になった人たちへの感謝と、故人との別れのため開かれる葬儀。福井県では75歳以上の男性が亡くなった場合、長年連れ添った妻が存命でも、長男が喪主を務める割合が高いことが福井新聞の「おくやみ欄」から浮き彫りとなった。調査した研究員や県内の葬儀社は、「長男を家の跡取りととらえる意識が今なお残っている」とみている。

千葉大大学院人文公共学府特別研究員の金沢佳子さん(68)=茨城県常陸大宮市=が、福井新聞など全国の地方紙12紙の無料掲載「おくやみ」欄から、単独で誰が喪主が務めているか、続柄を調査。2007年1月と2017年1月分を比較した。

福井県は、2007年は長男が72.02%で、石川県(73.08%)、山形県(72.73%)に次いで3位。10年後の2017年は、福井県が68.93%と石川(66.32%)、茨城(66.04%)を上回りトップとなった。

後継者としてお披露目

2017年の福井県では、2位の子(長男以外)が8.74%、3位の妻は5.18%と、長男の割合が群を抜いている。一方、全国でも核家族化率が高い長崎や佐賀は、妻が5割強を占めてトップとなっており、地域色が顕著となった。

次ページ暗黙の了解
関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。