ネットに出回るウソにだまされる人の心理

出典不明の写真やデータを鵜呑みに

事実(ファクト)なのか嘘(フェイク)なのか(写真:marchmeena29/iStock)

ここに一枚の写真がある。まずは見てほしい。

(出典:坂本旬氏FIJシンポジウム配布資料)

「『福島原発花』というタイトルで写真共有サイトに掲載されたものです。『何もいう必要はありません。花の生育が原発の影響を受けるとこのようになります』と書かれています。この写真は原発の影響を証明していると思いますか」

人間の心理の隙

みなさんは、どう思うだろうか。

これは、2015~16年にかけて、スタンフォード大学の研究グループが調査研究のために米国内の高校生に対して提示したものだ。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

170人のうち8割が「福島第一原発近くの状況を示す強い証拠となる」と回答。そのうち4割は「写真があることが強い証拠だ」と答えたという。

ところが、この写真はただ単に「ネットに出回っているだけ」のもの。質問では、その「ネットに出回っている写真」の出展も真偽も明らかにされていない。「福島原発花」などというのは完全なるデマなのである。

次ページこの花は…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT