「不登校の理由は何?」後悔した息子への一言

泡を吹き、強いけいれんを起こす事態に

不登校になったわが子に、親はどう接すればいいのでしょうか(写真:不登校新聞)
インタビュー企画「親と子が語る不登校」を掲載する。親子である倉原香苗さんと鈴木玖邑さんにお話をうかがった。倉原さんが不登校したのは、38年前のちょうどいまごろだ。その後、倉原さんの次男である玖邑さんも不登校を経験する。偶然にも、親子ともに、小学2年生で学校に行かなくなった。母と息子それぞれに、不登校に対する思いをうかがった。

 

――倉原さんが不登校したのはいつですか?

当記事は不登校新聞の提供記事です

小学2年生のゴールデンウィーク明けですから、1980年ですね。当時は「登校拒否」なんて言葉も知られてなくて、「学校に行かないと、社会に出られないし、結婚もできないし、生きていられない」という扱いを受けるような時代でした。

それでも中学は3日で行けなくなり、定時制高校は入学式に出ただけで退学しました。学校というものに本当に合わなかったんだなって思います。その後は現在に至るまで、フリースクール「東京シューレ」のスタッフを20年以上続けてきました。

――『不登校新聞』6号(1998年7月15日号)では、息子さんと登場していただきました。

7カ月だった次男の玖邑を抱っこしながら座談会に参加しました。

「不登校だった私が母親になって」という企画でしたが、たんに「不登校でも結婚できる」ということだけを言いたかったわけじゃないんです。「学校に行かなかったけれど、私は今も生きているぞ」というメッセージをとにかく発信したかったんですね。「学校に行かないなんて人間じゃない」と言われたことも1度や2度じゃありませんでしたから。

次ページ翌朝に部屋をのぞいてみたら・・・
関連記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。