脳の疲れを軽く見ている人が被る人生の損害

非常事態が常態になってしまってはいけない

脳疲労を放っていると、脳に不具合が出やすくなります(写真:Sergey Nivens / PIXTA)
世界中の多くのビジネスエリートたちが今、脳の健康やパフォーマンスの維持のために自己投資をはじめている。日本でも昨年、脳パフォーマンスを維持し、認知症を予防するための脳トレーニングジム「ブレインフィットネス®」の誕生が話題に。5月にはこの脳トレーニングジムのプロデューサー髙山雅行氏と脳科学者の杉浦理砂氏の共著『ブレインフィットネスバイブル 脳が冴え続ける最強メソッド』も刊行される。その書籍の内容の一端をご紹介する、冴える脳のための読物コラムシリーズです。

大人が背負っているこの複雑な“疲れ”の原因は?

ちょっと思い出してほしいのです。子供の頃や学生時代、あなたは今ほど疲れていたでしょうか? 外でさんざん遊びまわってくたくたになったときには疲れを感じたかもしれませんが、大人になった今の疲れとはちょっと違うものだったのはないかと思います。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

多くの大人は毎日のように疲れを積み重ねています。それは、子供のときの疲れとはまったく違う種類の疲れです。ストレスや不安の混じった、身体とメンタル両方にのしかかる疲れ。気持ちが憂鬱になり、やる気を奪う重苦しい疲れ。

ストレスと戦うビジネスパーソンにとって、疲れをすっきりと解消したいというのは切実な願いです。栄養ドリンクを飲んだり、マッサージに行ったりと、みな試行錯誤をしています。でもほとんどの場合、それらは一時しのぎにしかなりません。貴重な休日を使って疲労回復に専念しても、仕事を始めればまた疲れてしまう。そして、その疲れがどんどん蓄積されていくのです。

書籍『ブレインフィットネスバイブル』でも詳しく書かれていますが、私たち現代人が感じているこのような疲れの大きな原因のひとつが“脳の疲労”なのです。

次ページ現代社会のビジネスシーンは、脳にとっては“想定外”
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT