TOKIO緊急会見に見えた強烈な4つの違和感

謝意や猛省は伝わるも、矛盾を隠しきれず

5月3日付のスポーツ新聞各紙はTOKIOの緊急会見を大きく報じました(東洋経済オンライン編集部撮影)

4月26日14時に行われた山口達也さんの謝罪会見から6日。前日の不起訴処分を受けた5月2日14時、TOKIOの4人が緊急会見を開きました。

不起訴になったとは言え、容疑が「強制わいせつ」というセンセーショナルなものだけに、4人の動揺は察するに余りあるものがあります。実際、みなさんも4人に同情する気持ちになったのではないでしょうか。

しかし、被害者に対する“謝意”や、連帯責任の意識に基づく“猛省”が伝わった反面、「なぜ?」という違和感を抱くポイントが4つもあったのです。

被害者より連帯責任を重んじていいのか

1つ目の違和感は、そもそもこの会見は誰のために行ったものだったのか?  誰のための会見だったのか?

国分太一さんは会見前に司会を務める「ビビット」(TBS系)で、「23年間やってきて、このくらいの年齢になりますと、事務所には自由にやらせてもらっているところもありました。『自由にやらせてもらっている自分たちの口で語らないのはおかしいだろう』とメンバー1人1人が思っています」「今日はまず被害者の方とご家族の皆さんにお詫びを申し上げ、自分たちが今思っていることを自分たちの口で伝えていきたい」と話していました。

しかし、その「被害者の方やご家族が会見を望んでいたのか」は疑問。TOKIOのメンバーが会見をすることで、ワイドショーのトップ、新聞の1面、ネットニュースを埋め尽くし、事件がフラッシュバックするかもしれません。さらに、熱烈なファンや愉快犯からのバッシングが再燃する可能性もあるでしょう。

事実、会見の最後に話した城島茂さんの言葉に、その矛盾が表れていました。「10代の被害者が見ているかもしれないが、これから具体的にどう向き合っていくか?」という質問に城島さんは、「今回メンバーでこうやって謝罪会見すること自体が、被害者の親御さんとご家族の方から『そっとしといてあげてほしい』という部分もあったので、『ふさわしい会見なのか』という葛藤がありました」と話していたのです。

しかし、「連帯責任という面も含めまして、『きちんとTOKIOメンバー全員でここは謝罪すべきだ』という思いがありましたので、お時間をいただいたことをご了承ください」と話したように、彼らは自分たちの意思を貫きました。会見は“連帯責任”という彼らのルールにもとづく謝罪であり、彼らの生き様を見せたものとも言えるのです。

次ページ心に傷を負わせた被害者への謝罪の鉄則とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。