「iPhone X」は販売不振どころか好調だった

速報!アップル1-3月期決算からわかること

「iPhone X」は不振ではなかった(筆者撮影)

アップルは米国時間2018年5月1日、2018年第2四半期決算(2018年1〜3月)を発表した。先週からiPhone Xの販売不振を心配するニュースが流れ、株価は7%近く下落してきたが、そうした不安を払拭するには十分の内容となった。

売上高は611億3700万ドルで前年同期比約16%増、純利益は138億ドルで前年比25%の増加となった。1株あたりの利益も市場予想を上回り、2.73ドルとなった。今回の決算で、アップルは1000億ドルの自社株買いを発表し、また増配も行った。これにより株価は、時間外で175ドルを回復した。

iPhone Xは不振じゃない?

ティム・クックCEOは、前回の2018年第1四半期決算に続き、「iPhone Xが週次で最も販売台数の多いiPhoneとなった」ことを強調した。

ここ最近の報道や、TSMCやサムスンなどのiPhone向けの部品を製造するサプライヤーの決算から、「iPhone Xが不振に陥っているのではないか」と不安が拡がっていた。

そのiPhoneの販売台数を見てみると、5220万台で前年比3%増となりアナリストの予測5200万台を達成した。一方売上高は380億ドルで前年同期比14%増。台数以上に伸びていることから、高単価のiPhone Xが大きく寄与していることが分かる。

次ページ平均販売価格は高水準
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。