柳瀬元秘書官、加計学園側と面会認める意向

誰とどのような会話があったかが焦点となる

加計学園の獣医学部新設をめぐる問題。当時の首相秘書官だった柳瀬氏が、加計学園側と首相官邸で面会したことを認める意向であることがわかった。

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

この問題をめぐっては、当時、首相秘書官だった柳瀬氏が2015年4月に加計学園や愛媛県の関係者らと首相官邸で面会し、獣医学部の新設について「首相案件」と述べたとされる文書が農水省で見つかっている。

柳瀬氏はこれまで愛媛県側との面会について「記憶の限りではない」と述べていたが、関係者によると、加計学園側との面会については認める意向であることがわかった。

ただ、その場に愛媛県側が同席していたかについては、これまで通り「記憶の限りではない」との立場とみられる。

柳瀬氏は、国会に呼ばれれば加計学園側との面会を認める考えだということだが、その場で誰とどのような会話があったかが焦点となる。

日テレニュース24の関連記事
脱走男「リーダー役任されず」刑務官に不満
“水かけ姫”聴取終了「人にコップ」は否定
刺し身「高い」と言われ…母親を「刺した」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
市場縮小が止まらない<br>生き残りへもがく製紙業界

紙の国内市場は8年連続のマイナスが必至。ペーパーレス化、原料高で苦境に。三菱製紙は最大手・王子ホールディングスの傘下へ。国内はさながら撤退戦。活路は海外市場か?